神奈川県川崎市の巻き爪治療が得意な接骨院。フットケア先進国ドイツで最もポピュラーなプレート式巻き爪矯正は、即効性もあり目立たず、日常生活も快適です!

川崎市巻き爪矯正専科

〒211-0045 神奈川県川崎市中原区上新城2-8-3 (武蔵新城駅北口より徒歩1分)

受付時間:月〜金 9:30~20:30
土 9:00~13:30
(定休日:日曜・祝日・第2土曜)

【予約制】お電話ください

044-752-7229

FAX:044-752-7229

なぜ巻き爪は治りにくいのか?(重要)

なぜ巻き爪は治りにくいのか?(重要)

巻き爪が治りにくいのは
爪の持つ3つの特性が原因になっています。

(1) 爪はもともと指の形に添うように巻こうとしている

巻き爪になるとカドが皮膚に当たり痛いので切る

その時痛みは無くなりますが (1)の爪の性質上切ったところから巻き始める

さらに巻いてきて痛いので切る

さらに内側から巻きはじめる

この繰り返しにより巻き爪は進行していきます。

(2) 足の爪は踏込む圧力によって正常なカーブを維持している

巻き爪は踏み込むと痛いので足の指に力を入れないような歩き方をしてしまう。

(2) の性質上圧力不足になり爪はさらに巻いてくる

もっと巻いてくるので痛みは強くなりさらに力を入れなくなる

爪はさらに巻いてくる

この繰り返しにより巻き爪は進行していきます。

(3) 足の指には力のかかり方を感じるセンサーがあり
爪はその補助器官の働きをしている

足の指は歩く時などにカラダのバランスをコントロールするという大事な働きがあり、特に親指にはその荷重具合を感じる「メカノレセプター」という圧力センサーが集中していると言われています。そして爪は指にどれだけ圧力がかかったかをセンサーに伝える補助器官として働いています。

では巻き爪だとどういう影響をするのか。

巻き爪の場合、爪のカーブがキツくすでに皮膚にくい込んだ状態になってしまっているのでセンサーはもう圧力がかかっていると勘違いした情報を脳に伝えてしまうのです。よって(2)の「踏み込む圧力によって正常なカーブを維持している」の条件を満たさない圧力不足になってしまいます。

巻き爪になると

すでに踏み込んだくらいの状態なので圧力センサーが誤認識し荷重をやめる

圧力不足により巻き爪はさらに巻いてくる

荷圧力センサー誤認識し荷重をやめる

巻き爪はさらに巻いてくる

この繰り返しにより巻き爪は進行していきます。

「つまり、深爪と圧力不足の問題を
解決しないと治らない。」

という事です。

特に (3) の圧力センサーの誤認識は、自分ではしっかり踏み込んで歩いているつもりでも踏み込めていない状態なのでとても危険です。巻き爪など足のトラブルがある方は転倒の危険性が2.3倍になるとのデータもあるようです。

ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

予約制です!まずはお電話を

お電話でのご連絡はこちら

044-752-7229

受付時間:月〜金 9:30~20:30/土 9:00~13:30
(定休日:日曜・祝日・第2土曜)

巻き爪 川崎」
キーワード検索第1位

巻き爪 川崎」
キーワード検索第1位

ご予約・お問合せ・ご相談

ご不明点やご相談などございましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

044-752-7229

お問合せフォームはこちら

当院のご紹介

179_7921.jpg

みその接骨院メディカルフットケア
巻き爪専科

044-752-7229

044-752-7229

misoya@ktb.biglobe.ne.jp

院長:三園 真也

〒211-0045 神奈川県川崎市中原区上新城2-8-3

武蔵新城駅北口より徒歩1分

院長ご挨拶はこちら

地図・乗換案内はこちら

診療日・診療時間はこちら

接骨院ロゴ